「在学中に本を100冊以上読もう!」を合言葉に、大学生協では読書マラソンを進めています。

現代小説

・不思議の扉 午後の教室
・森見 登美彦
・KADOKAWA

芥川龍之介や小松左京、湊かなえ、森見登美彦といった名だたる作家たちの作品を収録した短編集である。特に、「夜は短し歩けよ乙女」のサイドストーリーが書籍初収録されているので気になっていた。

  • ★★★★
  • さっちゃん
  • [3990|同:京田辺]

海外小説

・夜の樹 改版
・トルーマン・カポーティ 川本三郎 
・新潮社
ホンヤクラブへ

「ティファニーで朝食を」で知られているトルーマン・カポーティの短編集である。 表題作の「夜の樹」は他のアンソロジーにも収録される有名作だが、他の作品もシリアスで幻想的な傑作ぞろいである。

  • ★★★★★
  • さっちゃん
  • [3989|同:京田辺]

法律・経済・ビジネス系

・新はじめて学ぶメンタルヘルスと心理学
・吉武光世 窪内節子 山崎洋史 岩瀧大樹 平澤孝一
・学文社
ホンヤクラブへ

メンタルヘルスや心理学の冬分野についてわかりやすくまとめてある本。 基礎から学びたい人におすすめ。 カウンセリングの技法や心構えなどについても触れてあるので、興味がある人はぜひ。

  • ★★★★★
  • さっちゃん
  • [3988|同:京田辺]

人文・社会系

・不思議の扉 ありえない恋
・川上弘美  川端康成  小林泰三 
・角川文庫
ホンヤクラブへ

川端康成、椎名誠、万城目学、梨木香歩らによる「ありえない恋」が描かれた一冊。 特に、川上弘美の「海馬」は最初から最後までずっと奇妙な話だった。 短編集なので、読みやすいと思った。

  • ★★★★★
  • さっちゃん
  • [3987|同:京田辺]

                  Next>>