「在学中に本を100冊以上読もう!」を合言葉に、大学生協では読書マラソンを進めています。

現代小説

・コンビニ人間
・村田沙耶香
・文藝春秋
ホンヤクラブへ

「ふつう」とは少し違った物の考え方をする主人公。そんな彼女が生きる場所を見つけた。そここそはコンビニであった。読んでいくにつれて「コンビニ人間」という題名の意味が分かってくる。

  • ★★★★
  • タカダ
  • [3942|同:今出川]

エッセイ・随筆

・ほどほど快適生活百科
・群ようこ
・集英社
ホンヤクラブへ

もう3回生になってしまい、自分の進路について真面目に考えなければならない。自己啓発本や指南書を読んではこうあるべきかとうんうん考えるけど、もっと長く生きた人が「その日の予定はネコしだいである。」とか書いているのを見ると結局正解は自分の中にしかないし自分で選べばなんでも正解だと思うと心が軽い。

  • ★★★★
  • いろは
  • [3941|同:今出川]

人文・社会系/コミック

・漫画君たちはどう生きるか
・吉野源三郎 羽賀翔一
・マガジンハウス
ホンヤクラブへ

嘘をついてしまったり、心ない言葉を放ってしまったり、自分の行いに対して後悔は多くあり苦しい思いをする。この類の苦しみは、なかなか消えず、辛い。なぜ、辛いのか。それは、自分が思う正しい生き方からそれているからだ。価値観が多様化する今、「正しい生き方とは」を考えるようつきつけられた。

  • ★★★★
  • いろは
  • [3940|同:今出川]

ミステリー

・七回死んだ男
・西澤保彦 
・講談社
ホンヤクラブへ

親族が集まる中で殺された祖父の謎を解くため、同じ日を何度も繰り返す「体質」の主人公が推理力と行動力を駆使して立ち回る展開に引き込まれた。 人間関係が蜜に書かれている所も読ませるし、巧みに隠されていたことに驚くことが出来る作品だった。

  • ★★★★
  • ぽにロング
  • [3939|同:京田辺]

                  Next>>